BIOGRAPHY

  • 20年以上活動してきたバンドが解散となり、Next Stageを模索していたベーシスト「TAKE」が、仙台などで活動していたパワフルドラマー「SHIMA」と西船橋で意気投合。また、神奈川で活動していた職人肌ギタリスト「YOSSY」と池袋で遭遇。その後、うたスキ動画やゴスペルで馴らしていたボーカリスト「ERIRA」を秋葉原で発見。
  • それぞれが豊かなキャリアがあるメンバーだけに、バンドとしての一体感は直ぐに成立。新星「Fracture」として、2019年より活動を開始。
  • バラエティに富んだオリジナル曲を中心に、力強いドラムスと重厚なベースが屋台骨を支え、縦横無尽のギターが掻き鳴らされる中、ショルダー・キーボードを携えたキュート&パワフルなボーカルがシャウトする…そのスタイルは唯一無二。
  • バンド名の「Fracture」(英語で『骨折』の意)は、「TAKE」が交通事故で右手を骨折した事を記念して(?)命名されたもので、「名前は骨折しても、演奏は骨折しない」を合言葉に、精力的な活動を続けている。
  • 今、疾走する「Fracture」から目が離せない!

😀 by Take 

 

サウンドハウス

2020年2月29日

© 2024 Fracture